コミカル好き主婦が選ぶ刑事ドラマおすすめベスト3

こんにちは、20代主婦のmameです。日本では多くの刑事ドラマが放送され、人気なドラマはシリーズ化していますよね。刑事ドラマでも、シリアス物からコミカル物まで幅広いジャンルがあります。今回は、刑事ドラマの中でもコミカル寄りな刑事ドラマを3つご紹介します。
1つ目は、知らない人はいないくらい有名な「相棒」です。今現在も放送されているほど大人気シリーズの「相棒」ですが、特におすすめしたいのはseason7までの亀山薫が相棒だったシリーズです。熱血の亀山君と冷静な主人公右京さんのコンビが良く、シリアスな展開の中にもコミカルさがあり面白いです。話の内容もよくできていて、いつもハラハラしつつ考えさせられる場面も多くあります。また、亀山君と犬猿の仲の伊丹とのやり取りも一つの魅力でした。
2つ目は、「踊る大捜査線」です。こちらも大人気シリーズで、映画やスピンオフもヒットしましたよね。なんといっても織田裕二演じる青島が魅力的です。青島の立場は所轄刑事で、所轄はひっこめとばかり嫌煙されながらも熱く立ち向かっていく姿に視聴者は虜になります。部署の人々も個性豊かで、その人々とのやり取りがコミカルで、青島との掛け合いが面白いです。青島が熱く捜査に関わっていく中で、周囲の雰囲気も変わっていく人間ドラマもあり、スリルと感動が味わえる作品です。
3つ目は、「古畑任三郎」です。こちらも人気シリーズで、ものまねも有名ですよね。私は、ものまねの方を先に見ていたのですが、本物とすごくそっくりで驚きました。主人公の古畑任三郎は一見クールでおとなしそうに見えるのですが、変り者であり切れ者なんですよね。このドラマの魅力は犯人が最初から分かっている状態で始まるのに、面白いという所です。犯人が古畑任三郎にどんどん追い詰められていく姿に、時には犯人側を応援したくなってしまうような気持ちも出てきます。また、監督が三谷幸喜監督なので、どんなにシリアスでもコミカルな要素が入ってくるので、サスペンス色が苦手な方には特におすすめです。
いかかでしたか?今回紹介したものはどれも有名ドラマですが、まだ見てない人やコミカル物が好きな方は是非見てみてください。