週3回は刑事ドラマを見ている私が選ぶ刑事ドラマベスト3

普通のサラリーマンをしていますatutoshiと申します。刑事ドラマは好きで中学、高校ぐらいから見ています。今は60歳になりました。でも、相変わらず刑事ドラマは見続けています。
刑事ドラマにも色々と内容の相違があります。西部警察のようなアクションものもありますが、私が、刑事ドラマで面白いと思えるものは、推理を働かせ犯人を捕まえる内容ものです。
私がおすすめできる刑事ドラマの一つ目は、刑事コロンボです。
ピィーターフォーク主演の刑事ドラマです。ボロボロのコートを
着てボロボロの中古車に乗って現れる刑事です。犯人は大抵上流階級の紳士とか、貴婦人、会社の社長等、富豪の人間です。最初犯人は見た目でコロンボを馬鹿にしますが、そのうちにコロンボの能力に負かされてしまいます。内容はすべて頭脳勝負の内容です。いかにトリックを見破るかそこの面白さがコロンボの面白さです。今から少なくとも43~44年前に放送されましたコロンボの内容で、犯人が死体を隠している、たぶん建物の下に埋まっている。そう思ったコロンボは建物を壊して地面を掘り返しました。ところが死体は建物の下には埋まっていませんでした。コロンボは一瞬落ち込んだ様子をしますが、犯人は一度掘り返した場所は二度と警察は掘り返さないだろうと考え、建物を掘り返した場所に死体を隠そうとしました。その考えをコロンボは推理し犯人が、建物を壊されたところに死体を埋めるところを待ち構えて逮捕するという内容のものがありました。
これと全く同じ内容のストーリーを先日放映された相棒でやっていました。相棒が新しく放映されて2話か3話目の内容は全くコロンボと同じストーリーでした。現代を代表する作品相棒で使われたトリックを43~44年前にすでに使っていたコロンボの内容はいかにレベルが高いかが証明されたと思います。
おすすめできる作品の二つ目は科捜研の女。これは科捜研の沢口靖子が演じる女性が主人公で刑事役の内藤剛はどちらかと言えば脇役的な存在ですが、このドラマの内容も面白いです。再放送だと思いますが、11月7日の午後4時から放送された内容ですが、
犯人が首をつって自殺したと思った不倫相手がまだ生きていたので、首を絞めて殺した。殺された女性が最後の力を振り絞り開いた目にはめてあったコンタクトレンズに犯人の汗が一滴落ちてそこからDNA鑑定で犯人と特定された。よくもこのような精密な思考を考えられたと私は驚嘆しました。科捜研というだけあって犯人解明する手段のレベルの高さが面白いです。
おすすめできる3つめの作品は沢村一樹主演の絶対零度。
これは上記2作品ほど推理や頭脳を使っての犯罪解明は少ないと思いますが、沢村一樹、横山裕、本田翼等のアクションシーンが良かったと思います。沢村一樹。横山裕、本田翼3名の巧みな演技が見所です。
以上3作品 面白いです。