夢を追っていたらうっかり一人で独立起業してしまった30代女子が選ぶ刑事ドラマベスト3

こんにちは!うっかり独立社長のほろろです。
仕事も家事も、やることの多い女性社長がひとときの幸せを味わえる刑事ドラマベスト3です。毎週何曜日何時にテレビを観る、ということがなかなか叶わないことが多いので、1話完結型の3作品です。

・古畑任三郎
私が小学生くらいのときにリアルタイムで放送されており、大好きで毎回観ていました。ちょっと古いですが、今も再放送があれば観るし、録画やDVDでも観たりします。そして、今観ても、古さを全く感じさせません。刑事ドラマですが、設定からして完全にコメディ、それでいて決して勧善懲悪ではない、複雑な人間の心であったり、事件が解決しても漂うやるせなさであったり、絶妙に描かれていると思います。1話完結、笑えるし真剣にもなれるし、そして日本人が大好きな展開のパターン化。どれを何回観ても納得のストーリーです。

・相棒
王道ですが、やはりこれです。劇場版や元日スペシャルも楽しみに観ていますが、取り上げるテーマのタイムリーさであったり、物語でありながら問題提起をしていると見える点がとても好きでのめり込んでしまいます。初期の頃のストーリーは、わりと癖のある天才刑事が、どんな難事件でも解決する、という分かりやすい気持ちよさの内容が多かったように思いますが、徐々に、万事に対する善が無いことは受け止めながらも、刑事としての正義に則って事件を追いかけ解決していくという複雑さが一枚入ってきたように思います。それが、決してめでたしめでたしで終わらない物事の複雑な余韻を、観終わった後にも絶妙に残してくれます。構成や場面の笑える面白さもあり、ずっと大好きです。

・トリック
こちらは刑事ドラマ??と一瞬思うほどコメディの要素が強いかもしれません。オカルトチックな出来事によって人が亡くなったり何かの物事が起き、そしてその事件の真実(犯人)を明らかにしていくという構成になっています。少し、変わり種ですね。ですが、こちらは取り扱う事件の裏にある人間臭さ、妬みであったり悲しみであったり、そういった、何か事件や騒動を引き起こすに至る人の精神のえぐみをとてもきちんと取り上げていると思います。何年か前、深夜に何話も連続して再放送をしていることがありましたが、ついついすべて観てしまいました。何とも言えない悲しさを取り上げることもあり、泣いてしまうことも多い作品です。リアルタイムでは学生のときでしたが、物事の表と裏、絶対性の無さへ興味を持ち始めていた頃だったので、とても共感したのだと思っています。

スパっと解決して気分爽快!という刑事ドラマではなく、どれもどこか心にじわじわと入ってきて、考えさせられるものばかりです。でも笑えるから、観終わって幸せ。是非おすすめします!