40代子育て主婦が選ぶはまった刑事ドラマベスト3 

刑事ドラマが大好きな子育て主婦いちごです。
刑事ドラマは子供の時から好きでよく見ており、現在も刑事ドラマを見てしまいます。
何がいいかって昔の刑事ドラマは俳優さんで犯人がわかってしまっていたんですよ。
それでも話の展開がどうなるか、どのように捕まるかにわくわくしていました。
現在の刑事ドラマは俳優さんで犯人はこの人というのが無くなり、誰が犯人なのかわからない。
なので話の展開に誰が犯人なのかを推測する楽しさ、えっそうくるかの展開、これにつきますね。
そんな私が選ぶこれいい!の刑事ドラマは、科捜研の女。
簡単に述べるならば、主人公の沢口靖子さん演じる法医研究員マリコと癖が強い数名の研究員チーム、
そして土門刑事の絶妙なるやりとりの中、
発生した事件を解決するため科学捜査のテクニックを駆使しての人間ドラマ。
ハイテク化する犯罪に立ち向かうので最新の科学捜査技術をこのドラマで知ることも多く、
そんな事でわかるんだと驚きだったりするんですよね。
人間ドラマとしても楽しめますが科学捜査の技術にどんどんはまる感じです。
このシリーズは結構長く続いているので楽しみに見てしまうし、再放送も見ても面白さは変わらずです。

科捜研の女に続く興味深い刑事ドラマは、絶対零度です。
沢村一樹さん演じる元公安のエリート刑事が未然犯罪捜査班に配属され事件を追うのですが、
科捜研の女にあるちょっとリラックスしつつも驚きの科学捜査を楽しめる世界とは全く異なり、
主人公の心の闇とかミハンシステムで危険人物リストに入れられていたりと、謎を感じさせる所からの話の展開。
その話の展開に目が離せないんです。
緊張状態というか人間関係や話の展開がドキドキのものばかり。実は見逃した回もあって再放送がありますようにと願うばかりです。

科捜研の女に絶対零度と続きましたが、これはある年代層しか知らないドラマでありますあぶない刑事。
舘ひろし演じるタカと柴田恭兵演じるユージのアクション満載笑い満載破天荒な感じの刑事ドラマ。
これ大人気だったんです。当時のファッション性も取り入れて、かっこいいねとタカ派とユージ派にわかれたほど。舞台は横浜。おしゃれな感じだったんです。
広域暴力団の銀星会との抗争も度々で、アクションも見所。結構長くシリーズが続きましたね。

刑事ドラマって一回見るとそれ以後見続けてしまうんです。
ストーリーにはまりやすいし、人間模様などもあって楽しいし、ドキドキの展開に見終わった後の凄かった感と次回の展開への期待感。
だから見るのをやめられないのが刑事ドラマ。
そうそう入れたコーヒーが冷めていたというミスを見るたびにしてしまう40代子育て主婦が選ぶはまった刑事ドラマベスト3でした。